ネルドリップコーヒーの歴史や味わいや具体的な抽出方法にをまとめてみました

熊本コーヒーネルドリップ
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

コーヒー焙煎研究所WATARUのわたるです。

本日も、コーヒー愛好家やコーヒー好きな皆様にとって有益になるコーヒー情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

その有益なコーヒー情報のテーマは【ネルドリップでのコーヒー抽出の歴史や味わい】のことについてお伝え致します。

ネルドリップのコーヒー器具の発祥の国と誕生秘話とは

当店では、コーヒー抽出については様々な角度から研究しオススメの淹れ方やリズムをお伝えしております。同じコーヒー豆でも、淹れ方やレシピが変われば風味や味わいは大きく変化してきます。その中でも、コーヒー豆の持つ油分や旨味に繋がる成分を多量に落してくれる抽出方法として代表的なものとして、日本でも昔から愛されている布のフィルターを使用したネルドリップのことについてお伝えしていきたいと思います。

 ⇒「コーヒーの旨味成分が多量に詰まったコーヒーオイルの謎について迫ってみました」

皆さんはコーヒーを飲む時にどんな抽出方法で飲みますか?自宅でコーヒーを飲む場合、一般に浸透しているのは紙を使ったペーパードリップ方式でありますね。手軽に美味しいコーヒーが飲めていいですよね。しかし紙ではなくて布で抽出するネルドリップが「最高の抽出方法」というコーヒー愛好家も数多くいます。

そんなコーヒー愛好家の皆さんが使用する、布によりコーヒー抽出をするネルドリップがどんなものか気になりませんか?今回はそんな「最高の抽出方法」といわれるネルドリップについて見ていきたいと思います。

コーヒーには関連する様々な伝説や発祥の小話的なものがありますがどれが正しいのかわからないものも多いです。ネルドリップに関してもそうであるようであり、発祥はここからではないか、とするものが2つあります。

一つは、1711年にフランスで開発された布で濾す方法がネルドリップの原型ではないかとするものです。もう一つは、1821年にイギリスでネルドリップ方式がとられたのが始まりではないかというものです。100年ほど間がありますね。どちらが正しいかはわかりませんがヨーローッパから始まった方式だといわれております。

73e34d562a28d4426e3d969ad3375912_s

ネルドリップコーヒーでのオススメの淹れ方や味わいとは

「最高の抽出方法」として愛好家に親しまれるネルドリップですが、特徴はその滑らかな舌触りとされていますが、ネルドリップの美味しさの秘密はどこにあるのでしょうか?まず、ネルドリップの「ネル」とは布のことですが、このネルというのは布の種類の一つです。

略称でネルと呼ばれていますが、フランネルのことを指します。冬場によく見るフランネルシャツ。起毛のふわっとした柔らかいあの生地が「最高の抽出方法」を作り出します。ネルはコーヒーの成分がよく通る一方で、ネルの起毛面がコーヒーの微粒子を通さないため滑らかなとろっとした口触り、角のない優しい味わいになります。

ネルドリップを入れる為にはもちろんネルも必要ですが、他にも、ネルドリップ専用サーバーとハンドル、ケトルが必要です。

ネルドリップの具体的な抽出方法の流れ

(1)まず、ネルが新品ならば水洗いした後にコーヒー液で20分ほど煮ます。この作業で付着している糊をはがして、コーヒーの成分を馴染みやすくします。

(2)出来るだけ固く絞って水気を切り、サーバーに装着します。

(3)粉を入れて平らにします。

(4)まずは蒸らしと言われる一回目のお湯を注ぎます。

(5)二回目は中心に注いで泡が出てきたら「の」の字を書くようにお湯を注いでいきます。

(6)二回目の工程を繰り返します。

(7)出来上がり量になったら終わりです。カップにコーヒーを注ぎます。

美味しく入れるコツとしては、サーバーやカップをあらかじめ温めておく、注ぐお湯の温度は85度~90度くらいにするなどが簡単に始められることだと思います。さらに美味しく入れる為にはお湯を注ぐケトルの扱いや注ぐスピードの練習が必要になってきます。中々手間がかかって難しいですね。

 ⇒「コーヒードリップ抽出をする際に美味しく淹れるためのオススメの温度計とは」

ネルドリップコーヒー器具をご家庭でお手入れするコツとは

布のお手入れはどうするの?まさか、使い捨て…?なんて思われるかもしれませんね。ネルドリップで使用した布は再利用可能です。ただ、コーヒー豆は空気に触れると酸化します。使い終わったネルに付着したコーヒーの粉もそのままにしておくと酸化して嫌なにおいがネルに染み付いてしまいます。

ご家庭でも簡単にネルドリップの抽出器具をお手入れする方法

(1)まずは、ネルに着いているコーヒー粉を捨てます。

(2)捨てきれないと思うので流水で洗いましょう。

(3)鍋などでグツグツ煮沸させましょう。

(4)ネル全体が浸かる蓋つきの容器に氷と冷水を入れて冷蔵庫で保管します。

※水は毎日入れ替えましょう

まとめ

「最高の抽出方法」といわれるネルドリップですが、美味しそうですが、中々手間がかかりますね。けれど時間をかけて淹れた分、美味しさもひとしおであります。当店でも、試飲で淹れるコーヒー抽出にはコーヒー豆によってはネルドリップを使用することもあります。

当店のコーヒーでいえば、深煎りのコーヒー豆のケニアやインドネシアがネルドリップとの相性は抜群になります。興味のある方は是非試してみて下さいね。使い方や抽出方法が分からない方は、気軽に当店スタッフにお尋ね下さいね。そして、当店ホームページにもコーヒーの魅力や想いを詳しく記載しておりますので、ご興味のある方は是非ご観覧くださいね。

  参考リンク⇒「コーヒー焙煎研究所わたるのホームページ」

コーヒーのことについてのご質問のある方はこちらをクリックしてご質問下さいね

世界各国の魅力的で個性溢れる生産地のコーヒー豆の関連ブログ記事

「南米でも個性的なコーヒー豆であるペルー産コーヒーのことについて」

「カリブ海域で落ち着いて上質なコーヒー豆で名高いドミニカコーヒーの特徴とは」

「グルメコーヒーとして希少価値が高く注目度があるコピルアクコーヒーとは」

「ボリビア産コーヒーの歴史や生産地情報のことなどについて」

「アフリカ地域でも個性溢れるコーヒー豆を産出続けているケニア産コーヒー豆について」

コーヒー焙煎研究所わたるのアクセス地図や詳しい情報ページはこちら
このエラーメッセージは WordPress の管理者にだけ表示されます

エラー: アカウントに接続できません。

アカウントを接続するには、Instagram Feed の設定ページに移動してください。