夏季限定の炭酸を使用した「スパークリングアイスコーヒー」とは【熊本珈琲焙煎研究所わたる】

スパークリングコーヒー
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

熊本コーヒー焙煎研究所WATARUのわたるです。

本日は、ちょっと遅くなりましたが夏の話題で夏季限定で提供していた当店の特別なアイスコーヒーのお話しをさせて頂きたいと思います。

今年の夏に当店で人気な特別なアイスコーヒーを提供させて頂いておりました。

それは、炭酸とコーヒーのコラボレーションした・・

「スパークリングコーヒー」

・・であります。

本日は、そのスパークリングコーヒーのご紹介をさせて頂きたいと思います。

今年の夏には、このスパークリングコーヒーはテレビ取材を受けてテレビ放映をされた経緯があります。

そのときの、状況などを当店ブログ記事に記載しておりますので、そちらも併せてお読み下さいね。

参照記事→「RKK週刊山崎くんにスパークリングコーヒーを取材して頂きました!

コーヒーと炭酸の相性抜群なコラボ「スパークリングコーヒー」とは

コーヒーと炭酸の相性は、コーヒー液次第では意外に相性抜群です。

当店では、甘さのあるマンゴー・アプリコット・ピーチのような完熟フルーツフレーバーのコーヒーに相性の良さを感じております。

上記動画のコーヒー焙煎している豆が、甘さのあるマンゴー・アプリコット・ピーチのような完熟フルーツフレーバーのコーヒーであり、スパークリングコーヒーにも使用しているコーヒー豆でもあります。

世の中には、エスプレッソソーダなるもの提供しているコーヒー屋さんもあります。

まぁ、私の個人的な見解ですが炭酸自体に苦味に近い味わいなるものがあるので、出来れば甘さのある完熟フルーツを感じさせるフレーバーあるコーヒー液だと相性が良いのだと思います。

他にも北欧で生まれたエスプレッソトニックもあります。

こちらの、エスプレッソトニックはコーヒーと炭酸だけではなく柑橘類の果実も配合されているジュースのようなコーヒーになります。

当店の炭酸のコーヒー「スパークリングコーヒー」は、炭酸とコーヒー以外を混ぜていないのでコーヒー自体に甘味があると理想的になります。

だから、当店はフレーバー&テイストがしっかりとした完熟フルーツのような甘さがあるコーヒー液に炭酸コーヒー「スパークリングコーヒー」は相性が良いと感じております。

japanese_grande

スパークリングコーヒーに必須な要素は、適したフレーバー&テイストのコーヒー液

コーヒーと炭酸は、何にでも相性が良いという訳ではありません。

当店でも、相当な回数の検証を重ねました。

結果、テイストは苦味よりのコーヒー液は相性があまり良くありませんでした。

コーヒー自体に苦味があるので、炭酸自体にも苦味に似た成分があるので重く黒ビールのような液体になります。

コーヒー本来の苦味の良さもなくなり、明るさのないコーヒー液になるので苦味テイストには、あまり相性は良くありません。

そういう意味でも、テイストは酸味よりの方がコーヒー自体の良さを損なわないコーヒー液であると思います。

そして、フレーバーは明るめの柑橘類と甘さのある明るめなフレーバーに相性が良いと検証で知ることが出来ました。

そして、以前のブログ記事にも本来このスパークリングコーヒーを開発したときの秘話として掲載させて頂いたのですが、コーヒーの風味特性を感じて頂きたいという想いがあって作ったコーヒーでもあります。

コーヒーの素晴らしい風味も、とても分かり易い際立ったコーヒーフレーバーであれば誰にでも分かりますが、なかなか複雑さのあるフレーバーのコーヒー液も沢山あります。

日頃から、カッピングを行い続けている私たちプロであればいかなるコーヒー液でも分かるのですが、そうではない消費者の方には難しいかなと感じております。

そのような消費者の方でも、炭酸を入れることにより口から鼻にかけて風味が自然と抜けやすいこともあって分かり易くなることもあって「スパークリングコーヒー」を開発した経緯もあります。

そして、あと1つの理由はアイスコーヒーを飲む際にでもフレーバーのあるコーヒーを感じて頂きたいことです。

ホットコーヒーの場合は、温かい状態で飲むので香りから揮発する成分も含めて飲む前から香りとなるもの口に含んで鼻から抜けていく風味とフレーバーを感じることが多く出来ます。

アイスコーヒーの場合は、冷たい液体になりますので揮発して鼻から香ることが出来ない分、口から飲むとき以外に感じることが出来ずに、さらに液体が冷たいと鼻から抜けていく風味も分かり難いものとなります。

そのようなアイスコーヒーに炭酸を入れて飲むと、コーヒーの持つ風味特性(フレーバー)が明確に分かり易くなります。

そういう意味でも、アイスコーヒーでも誰にでも分かり易くフレーバーを感じて楽しんで頂きたい想いでスパークリングコーヒーを開発した経緯があります。

まとめ

コーヒーも、その土地の文化などで大きく飲み方や在り方が変わります。

ただ、それだけではなくその作り手のコーヒーに対する想い1つだけでも飲み方や在り方が変わることもあります。

コーヒーは想いを持って創っているコーヒーは楽しくもあり、ロマンを感じてドラマを感じれる素晴らしい飲み物だと改めて感じました。

皆様も、ご家庭での美味しく楽しいコーヒーライフをお過ごし下さいね。

コーヒーのことで、分からないことや疑問がある方は気軽にご質問下さいね。当店は、コーヒーの可能性を楽しく皆様に味わってもらうために研究を日々しております。そのことも当店ホームページにも記載しておりますので、お時間がある方は是非ご観覧下さいね。

  ⇒「熊本コーヒー焙煎研究所わたるのホームページ」

コーヒーのことでご質問のある方はこちらをクリックして下さいね