母の日の贈り物でおすすめコーヒーギフトのご紹介【熊本珈琲豆専門店わたる】

熊本母の日贈り物
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

熊本コーヒー豆専門店WATARUのわたるです。

本日は、来月の5月13日母の日贈り物でおすすめなコーヒー豆ギフトセットのご紹介をさせて頂きたいと思います。

2018年は第二日曜日の5月13日が母の日になります

当店では、今年も母の日に向けてのコーヒー豆の贈り物セットをご準備しております。

毎年、この母の日でのギフトではコーヒー豆の贈り物詰め合せセットのご注文を多く頂きます。

それだけ、家族の中でも母は偉大な存在なのですね。

さて、今年の母の日の気になる日にちなのですが、今年の母の日は「5月13日」のようです。

いつのまにか、毎年母の日は第二日曜日に制定されているようですね。

まず、母の日の由来や意味などをお伝えさせて頂きたいと思います。

母の日の由来や意味とは?

―そもそも母の日とは?

母の日とは、日ごろの母への苦労を労り、母への感謝を表す日であります。

国によって異なりますが、アメリカや日本では”5月の第2日曜日”の事を指すようです。

実際は、具体的な日付は決まっていないようですね。

今年2018年は5月13日が母の日になります。

先に触れた通り、各国により由来は違うそうですが、私たちが暮らしている日本では、アメリカから伝わったのが由来だそうです。

せっかくですから、下記に母の日の由来に基づく歴史を記述してみましたので振り返ってみましょう。

〈母の日の由来は実はアメリカから〉

1870年―アメリカでは南北戦争終了宣言を直後に、女性政権運動家 ジュリア・ウォード・ハウ 氏が夫や子どもを戦場に送るのを今後絶対に拒否しようと立ち上がり、”母の日宣言”をしたのが始まりとなっています。

ハウ氏の掲げた「母の日」というのは、南北戦争時代にウェストバージニア州にて”母の仕事の日”と称して、敵味方問わず負傷した兵士の衛生状態を改善する為に地域の女性たちを結束させた アン・ジャービス 氏の活動を基に得たものであったそうですが、結局普及する事はなかったみたいです。

その後、月日が流れ1905年にジャービス氏は亡くなりました。

しかし、そこで「母の日」に対する願いは断たれませんでした。

その2年後の1907年5月12日、ジャービス氏の娘である アンナ・ジャービス 氏が、母の死を偲び、ジャービス氏が日曜学校で講師をしていた協会に記念会を設立し、その際に”白いカーネーション”を贈ったようです。

その後、正式に「母の日」が認められるまでは数年の月日があり、アンナ氏への母への想いに心を打たれた人々が1908年5月10日に同協会にて470人もの生徒とその母親たちと共に集まり、「最初の母の日」を祝いました。

その時にもアンナ氏は白いカーネーションを参加者全員に配りました。

カーネーションで既に察している方もいらっしゃると思いますが、これが母の日のシンボルにつながり、そして母の日といえば贈り物としてカーネーションがプレゼントされるようになったんですね。

ちなみにどうして白いカーネーションなのかと言いますと、ジャービス氏が生前好きな花だったからだそうです。

そして1914年、その時に集まってくれた人々が国に「母の日」を正式に制定しようと国中に向けて提案してくれたおかげで長い年月をかけてようやく「母の日」が出来たのです^^

こうして調べてみると心優しい一人の女性の動きにみなさんが心を打たれ、賛同し、その繋がりによって出来た素敵な記念日という事であり、素晴らしく感動しました。

次にその母の日がどうやって日本に伝わったのかご紹介していきますね。

〈母の日は日本にどうやって伝わったのか〉

時はアメリカにて母の日が正式に制定された日よりも僅かに遡り、1913年に青山学院に先にも紹介したアンナ氏から母の日についてのメッセージが届いた事がきっかけとなります。

当時青山学院に在籍していた女性宣教師の方々はこの運動に感銘を受け、熱心に働きかけてくれました。

そのお陰で日本では母の日が定着していきます。

月日は流れ、1931年に大日本連合婦人会(だいにっぽんれんごうふじんかい)が結成されました。

その際に、その時に皇后であった香淳皇后(こうじゅんこうごう)様のお誕生日に因んで3月6日を母の日としましたが、残念ながらその時はなかなか普及はしなかったようです。

そして、また月日は流れ、1937年5月8日に第1回「森永母の日大会」が豊島園にて開催されました。

その後、1949年頃から次第にアメリカに倣って”母の日は5月の第2日曜日”に行われるように

なったと言われています。

アメリカで認識されるまでも一波乱二波乱とありましたが、日本でもその道のりは険しかったようです。

しかし、こうした方々の母の日に対する熱意があったお陰でこうして今はお祝い出来るようになったようなんです。

〈ちなみにこどもの日も実は母への感謝の日でもある〉

みなさん、ご存じですか?

5月5日のこども日というのは、国民の祝日に関する法律第2条によりますと「こども人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝すること」というのが趣旨になっているそうなんです。

もし既にご結婚されている方で、子どももいらっしゃる方は、こどもの日を機に、お母さんも交えて家族サービスをしてみるのは如何でしょうか?

〈カーネーションは赤と白で意味が違った〉

更にまめ知識なのですが、先ほどは白いカーネーションが母の日の起源になっていると

ご紹介しましたね。

「母の日といえば、赤いカーネーションじゃないの?」という方もいらっしゃると思います。

実はそれにも意味がありました。

―1914年、母の日は制定された頃当初はアンナ氏からの提案により、母親が健在の場合ですと赤、母親が亡くなっている場合は追倬の意味で白、という風に無理をして白を身に着ける必要はないと配慮してくれたんですね。

日本でもその風習に倣って最初の頃は分けていましたが、1960年頃に赤で統一されます。

母親がいる子といない子で差別になってしまうと考えたんですね。

どちらの配慮も心が温まりますね。

せっかくのお祝いの日なのですから、なるべくならみんなが笑顔でいれるような日にしたいですよね。

少し長くなりましたが、母の日に関する由来のご説明でした。

そして、次に母の日に喜ばれる贈り物のことをご紹介していきたいと思います。

母の日に喜ばれる贈り物ランキングとは?

現在、巷で母の日に喜ばれる贈り物をランキング形式でご紹介していきたいと思います。

母の日に贈り物をされる際に是非ご参考に下さいね。

【10位 リラックスグッズ】

いつも家事で疲れているお母さんには少しでも体を癒してほしい…という気持ちもお察ししますが、

意外にも順位は低めでした。

ご自身でも経験があると思いますが、購入してもなかなかやる時間がとれない事ってありますよね。

多分それが理由みたいです。

【9位 家事に役立つもの】

こちらも意外ですね。

理由としては、既に持っているからというのもあるのではないでしょうか。

購入するならご本人が家事をする上で困っている作業に関したものを贈るのがいいと思います^^

【8位 健康グッズ】

こちらは10位のリラックスグッズと似ていますね。

健康グッズといえども一口でいっても沢山ありますからね。

なるべく活用できそうなものを贈った方がいいかと思われます。

【7位 アクセサリー】

こちらは形として残るものですね。

お母さんとしては自分の子どもが自分に似合うようにと選んでくれたものを身に着けて出かけるというのはなかなか嬉しいみたいですね。

【6位 スイーツ】

こちらはお祝いの気持ちで普段より少し高価なお菓子を贈ると

喜ばれるかもしれませんね。

ですが食べたらなくなってしまうのは少し寂しそうです。

当店でも、コーヒー豆とスイーツギフトセットを提供しておりますが、甘いものに目がない母親であれば間違いなく喜ばれます。

【5位 旅行(宿泊・温泉券含む)】

こちらは物ではなく、思い出として残る贈り物ですね!

もしご家族がいる方は、家族ぐるみでお母さんを一緒にご旅行に連れて行ってあげたら

喜ばれると思います。

【4位 洋服】

こちらも7位のアクセサリーと似ていますね。

お母さんの好きな服だけでなく、自分から見たお母さんに似合う洋服をプレゼントしてみるのも

楽しいかもしれませんね。

オシャレする時間が忙しくてとれなくなっていたお母さんを変身させるチャンスになるかもしれませんね。

【3位 服飾雑貨】

こちらも7位・4位同様、ストールや帽子などファッションに関するプレゼントですね!

こちらでしたら洋服よりガラっとイメージが変わる事もないですし、お母さんも安心して身に着けられると思います。

【2位 食事(食事券含む)】

こちらは5位の旅行と似ていますね。

旅行は時間的に無理そうでも、たまにはいいところにご飯を食べに連れて行ってあげたいという方には最適であると思います。

【1位 フラワーギフト】

堂々の1位となりました、フラワーギフトの贈り物です。

母の日といえばやはりカーネーションを筆頭にお花を贈るのが一番喜ばれるみたいですね!

お花に限らず、ランキング内にあったものもセットで贈ってみると更に喜ばれるかもしれませんね。

当店では、コーヒーとスイーツやコーヒーとお花のギフトセットもご準備しておりますので、是非一度お声掛け下さいね。

クリスマスギフト

母の日に「ハーバリウムとコーヒー豆の詰め合せ」の贈り物をご準備しております

当店では、熊本の松橋お花屋さんの「HARUNA」さんとコラボをして花とコーヒーのギフトを提供しております。

過去ブログ記事にも記述しておりますので、そちらも併せてお読み下さいね。

参照記事→「熊本松橋のオシャレな花屋HARUNAさんとコーヒーのギフトコラボをしております」

上記のお花屋HARUNAさんとのタイアップで、母の日やギフトをお花とコーヒーのコラボでの贈り物を喜ばれるパッケージングで提供しております。

ご興味のある方は、是非店頭スタッフにお声掛け下さいね。

まとめ

年に一度のお母さんに感謝をする日ですので、是非これを機に日頃の感謝を伝えてみましょうね。

当店でも、来月の母の日の贈り物の問い合わせは沢山頂いております。

まだ予約も受け付け中ですので、お悩みの方は是非お声掛け下さいね。当店の店頭に様々なコーヒーギフトもありますので、お探しの方は店頭にお越し下さいね。

  参考リンク⇒「熊本コーヒー焙煎研究所わたるのホームページ」

母の日ギフトのことについてご質問のある方はこちらをクリックして下さいね

関連ブログ

「熊本松橋にあるオシャレな花屋HARUNAとは」

「バレンタインデー用のコーヒーギフトについて」

「お正月用のお土産コーヒーギフトについて」

「クリスマス用の可愛くオシャレなコーヒーギフトについて」

「お歳暮用のドリップバックコーヒーの詰め合せギフトについて」

「2017年お中元用のコーヒー豆詰め合せギフトについて」