コーヒー焙煎について学ぶ

コース内容 今回のポイント

最近は全自動で焙煎から抽出までがボタン1つで出来るコーヒーマシンも販売されております。
こちらの受講では、全自動ではなく手動の操作による自家焙煎コーヒーの基礎を学んで頂きます。
コーヒー焙煎を行うためには、まずコーヒー生豆の特徴を学ぶことから始まります。
そのあと、コーヒー焙煎機の仕様を覚えることです。
コーヒー焙煎は変数が多くあります。
「コーヒー生豆選び」「投入温度」「ダンパー操作」「ガス圧調整」「排気コントロール」「ローストプロファイル」など。
あとは、釜の中だけの温度調整だけではなく焙煎室や外気温や湿度などの考慮など。
こちらは、実際に1回の受講に1バッチは煎って頂きながら、実践を交えた座学を取り入れていきます。
こちらは、まず入門編を学んで頂いたあとに受講して頂くことをお勧めしております。

第一回:世界各国のコーヒー生豆の特徴

コーヒーは、「生産」→「収穫」→「精製」→「選別」→「保管」→「輸送」→「焙煎」→「抽出」という過程を経て、私たちのコーヒーカップに注がれております。この最終工程の「抽出」に入る前に、まずは基本的な知識を学んで頂く入門編です。 世界各国のコーヒー農園で収穫されたコーヒー豆を飲み比べをして頂き理解を深めて頂き、コーヒーの飲み方や楽しみ方を広げていきます。 最後に、様々な抽出器具を使用して飲み比べをして頂き、コーヒーの味わいの違いを感じて頂き理解して頂きます。 こちらの、入門編を学んで頂き自分に合った味わいや環境による抽出器具の実践編を受講して頂くことをお勧めしております。

第二回:精製方法による生豆の特徴

コーヒーは、「生産」→「収穫」→「精製」→「選別」→「保管」→「輸送」→「焙煎」→「抽出」という過程を経て、私たちのコーヒーカップに注がれております。この最終工程の「抽出」に入る前に、まずは基本的な知識を学んで頂く入門編です。 世界各国のコーヒー農園で収穫されたコーヒー豆を飲み比べをして頂き理解を深めて頂き、コーヒーの飲み方や楽しみ方を広げていきます。 最後に、様々な抽出器具を使用して飲み比べをして頂き、コーヒーの味わいの違いを感じて頂き理解して頂きます。 こちらの、入門編を学んで頂き自分に合った味わいや環境による抽出器具の実践編を受講して頂くことをお勧めしております。

第三回:焙煎機の操作方法

コーヒーは、「生産」→「収穫」→「精製」→「選別」→「保管」→「輸送」→「焙煎」→「抽出」という過程を経て、私たちのコーヒーカップに注がれております。この最終工程の「抽出」に入る前に、まずは基本的な知識を学んで頂く入門編です。 世界各国のコーヒー農園で収穫されたコーヒー豆を飲み比べをして頂き理解を深めて頂き、コーヒーの飲み方や楽しみ方を広げていきます。 最後に、様々な抽出器具を使用して飲み比べをして頂き、コーヒーの味わいの違いを感じて頂き理解して頂きます。 こちらの、入門編を学んで頂き自分に合った味わいや環境による抽出器具の実践編を受講して頂くことをお勧めしております。

第四回:焙煎度合いによる味の特徴

コーヒーは、「生産」→「収穫」→「精製」→「選別」→「保管」→「輸送」→「焙煎」→「抽出」という過程を経て、私たちのコーヒーカップに注がれております。この最終工程の「抽出」に入る前に、まずは基本的な知識を学んで頂く入門編です。 世界各国のコーヒー農園で収穫されたコーヒー豆を飲み比べをして頂き理解を深めて頂き、コーヒーの飲み方や楽しみ方を広げていきます。 最後に、様々な抽出器具を使用して飲み比べをして頂き、コーヒーの味わいの違いを感じて頂き理解して頂きます。 こちらの、入門編を学んで頂き自分に合った味わいや環境による抽出器具の実践編を受講して頂くことをお勧めしております。

第五回:スタンダードコーヒーとスペシャルティコーヒーの特徴

コーヒーは、「生産」→「収穫」→「精製」→「選別」→「保管」→「輸送」→「焙煎」→「抽出」という過程を経て、私たちのコーヒーカップに注がれております。この最終工程の「抽出」に入る前に、まずは基本的な知識を学んで頂く入門編です。 世界各国のコーヒー農園で収穫されたコーヒー豆を飲み比べをして頂き理解を深めて頂き、コーヒーの飲み方や楽しみ方を広げていきます。 最後に、様々な抽出器具を使用して飲み比べをして頂き、コーヒーの味わいの違いを感じて頂き理解して頂きます。 こちらの、入門編を学んで頂き自分に合った味わいや環境による抽出器具の実践編を受講して頂くことをお勧めしております。

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

TEL:096-200-6572
Open 11:00-18:00
定休日 水曜・木曜

ご予約・お問い合わせはコチラ

お申込み・お問い合わせはコチラ