熊本コーヒーWATARUの「コーヒー」×「さとう式リンパケア」癒しペアリングワークショップ開催!!

熊本リンパワークショップ
Pocket

皆さん、こんにちわ!

熊本のコーヒー焙煎研究所わたるのWATARUです。

先日、当店で身体のセルフケアにまつわるワークショップを開催させて頂きました。

巷では有名なセルフケア方法のさとう式リンパです。

今回は、このさとう式リンパケアの伝道師として熊本で大活躍をされている下田先生に来て頂き家庭でも出来るセルフケアのワークショップを開催して頂きました。

さとう式リンパケア×癒しのコーヒーワークショップ

当店の店主と下田先生は旧知の仲で、会う度にいつか癒しのワークショップしたいよね~~!!・・と話しておりました。

そして、何より当店店主がこのさとう式リンパケアの施術を一度体験しており、この素晴らしさは実感済みでありました。

店主曰く、「今まで歯を食いしばるクセがあり頭痛などがあったのですが、一気に改善したよ。」・・と仰っておられました。

そのような素晴らしい施術を当店のコーヒーを飲みながら学ぶ機会を作れて良かったと感じました。

参加者の皆様も満足そうで何よりでした。

リンパワークショップ3

さとう式リンパケアの「3つの基本」

1、体は腔で構成されている

身体には大きく分けて、口腔・胸腔・腹腔という3つの空洞があります。

ペットボトルのようなものだとイメージすれば分かり易いそうです。

筒状の空洞を広く保つことにより、内蔵は活発に働いて、健康促進になるそうです。

ただ、これらの腔がつぶれている状態だと、体のトラブルを引き起こす原因になるそうです。

2、支持筋は屈筋

人間の筋肉には「屈筋」と「伸筋」の2種類あります。

関節を曲げる時使用するのは「屈筋」、伸ばす時に使うのは「伸筋」に力が入ります。

筋肉自体は伸びる力を持たないので、硬直した筋肉がそれぞれが拮抗する中でねじれが生じ、姿勢を崩す原因になるそうです。

3、筋肉をゆるめる

筋肉が縮まった状態で動かなくなることによって、筋肉内に体液の流れが悪くなって、老廃物が排出されなくなるそうです。

そして、筋肉がパンパンに張ると、筋肉を包んでいる筋膜が引っ張られて、刺激されて、痛みとなって表れるそうです。

「押さない!揉まない!引っ張らない!」を基本に筋肉をゆるめることによって、痛みが緩和されて体液の流れもよくなっていくそうです。

簡単に言うと、この「押さない・揉まない・引っ張らない!!」・・が基本の施術方法であり、痛みがあったり気持ち良さがあったりするものではありません。

「さとう式リンパケア」は、耳(顎関節)=口腔から身体全体をゆるめて、リンパを流れやすくすることで循環機能を高める施術方法になります。

マッサージのように押して痛気持ち良い状態で施術することなく、約20gくらいの微弱の力で筋肉に優しく触れて、筋肉をゆらして緩めていくような感じです。

テーマは「緩める」ことのようです。

緩めるとは、筋肉の緊張を解くことであります。

リンパの流れがある箇所に優しく触れて撫でる感じで、ゆっくりとケアしていきます。

このような、さとう式リンパケアの仕組みなどを座学や実践を通して学んでいきました。

リンパワークショップ4

2人1組でリンパケアを施すワークを通して学ぶ

次は、2人1組になり相手にリンパケアを行っていきます。

この施術は直ぐに結果が表れてビックリなことが起きます。

例えば、右肩が垂直に上がらないとします。

その時は、右鎖骨近くに流れるリンパに沿って優しく撫でます。

そうすると、何とビックリ!!・・右肩が垂直に上がっちゃうのです。

そして、今度は逆に同じ部分を揉みます。

そうすると、今度は右肩が詰まって上がり難くなります。

この現象は、揉むことによって筋肉が固まり緊張してしまうことにより起こるそうなのです。

逆に、20gくらいの微弱の力で撫でて上げるとリンパの流れが良くなり筋肉が緩むそうなのです。

押したり揉んだりせずに、優しく撫でることが筋肉を緩めることに重要なのだそうです。

自宅でも出来るさとう式リンパセルフケア方法

このリンパケアで最大の魅力は、誰かに施術してもらうだけでなく、常に場所を選ばずにセルフケアが出来る部分にあるように感じました。

リンパが流れている箇所を、単純に優しく20gくらいの微弱の力で撫でていくだけです。

本当に、簡単に目に見えての効果が即表れるのでやりがいもあります。

最後は、参加者の皆さんは終始無言で撫で撫でしておりました。

最後は癒しのコーヒータイムを通じての学び

コーヒーでリラックスしながら、下田先生のセルフケアポイントであったりコツを伝授をして頂きました。

当店も、癒しの仕上げでありますので、2種類の香り高いコーヒーと苦味の特徴的なコーヒーをおもてなしさせて頂きました。

最後は、皆さん笑顔で、

「参加してホントに良かったです!!!」

・・と感想を述べて頂いたので、こちらも感無量でした。

また今後も、こういう癒し系のワークショップでコーヒーの更なる魅力とマッチングしていきますので、乞うご期待下さいね!