コーヒーVSチョコレートの比較?!身体に良い影響を与えるのはどっち?【熊本珈琲研究所わたる】

熊本コーヒーチョコ
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

熊本コーヒー焙煎研究所WATARUのわたるです。

本日も、コーヒーに関する雑学やお役立ち情報をお伝えさせて頂きたいと思います。

今回のテーマは、密かに人気シリーズのコーヒーと嗜好品の比較で【コーヒーVSチョコレートの比較?!身体に良い影響を与えるのはどっち】をお伝えしていきますね。

コーヒーが身体に与える良い影響とは?

癒されたいとき、集中したいとき、コーヒーとチョコレートの組み合わせは最高ですよね。私はどっちも大好きで、よく口にしておりますが、一番至福なのは生チョコを食べつつコーヒーを飲むことですね。それでは、このコーヒーとチョコレートって身体にどんな影響があるの? ・・と気になる方も多いのではないでしょうか。そんなそれぞれの影響を本日はお伝えさせて頂きますね。

コーヒーと聞いて思い浮かべるのは、集中力がアップする、眠気が覚めるといったことですよね。これはコーヒーに含まれるカフェインの影響です。カフェインには覚醒効果があり、摂取することで眠気が覚める効果が促進されることもあります。

 ⇒「カフェインを含む様々な飲料が身体に良い影響を与える原因とは」

ただこの効果は、人によって様々で効果をあまり感じられない人もいます。また、カフェインを摂取することで脳が活性化する効果も得られます。これは、脳の血管を収縮させ、血流が良くなるからと言われています。コーヒーには利尿作用があり、体内の老廃物を排出させてくれる効果もあります。でも飲みすぎると、トイレが近くなるので注意が必要ですね。

「コーヒー成分が身体に与える利尿作用との関係性とは」

さらには、コーヒーには脳内麻薬が分泌され、リラックス効果が得られるといわれています。コーヒーを飲むとほっと一息つけるのは、これの影響かもしれません。また、コーヒーを適量飲むと死亡リスクが低下するという研究結果も出ています。国立がん研究センターによる調査では、1日に3~4杯のコーヒーを飲む人は、ほとんど飲まない人に比べて死亡リスクが30%ほど低下すると言われています。

ただコーヒーは飲みすぎると、胃もたれしてしまうこともあるので、注意が必要です。ちなみに、私は食後にコーヒーを飲みますが、消化作用が働きやすくなる印象があります。ただ、食中間で空腹時には胃液が分泌して荒れてしまったりするので、コーヒーは食後に飲むと決めております。コーヒーは飲み方や飲むタイミングによって素晴らしい一面と注意しなければならなし一面があるようですね。

チョコレートが身体に与える良い影響とは?

では、次にチョコレートが身体に与える良い影響についてお伝えしていきますね。最近では、脂肪の吸収を抑えたり、ストレスを軽減してくれたりするようなチョコレートも販売されていますよね。チョコレートの原料であるカカオには、ポリフェノールが含まれています。このポリフェノールには抗酸化作用があり、体内の酸化を防いでくれます。酸化とは、いわゆるサビのことで、しわができ、身体が老化していくとともに生活習慣病を引き起こしてしまうものになります。

 ⇒「コーヒー成分に含まれるポリフェノールはアンチエイジングにも繋がる?!」

チョコレートはこのような酸化、つまりは老化を抑制してくれる効果があります。また、チョコレートにはGABAという成分が含まれています。これはミドリムシに多く含まれる成分の一つで、正式名称はガンマアミノ酪酸といわれています。このGABAの効果は、リラックス効果です。副交感神経を活性化させる効果があり、私たちの心と体をリラックスさせてくれます。

そのため、更年期障害などのホルモンの関係で体調がすぐれないような方にも効果的です。ただ、チョコレートにもデメリットがあり、油分や脂肪分が多く含まれているため、食べ過ぎると肥満になってしまう可能性もあるのでほどほどにしたほうが良いかと思います。

NAT86_eijishinbuntochoko_TP_V

チョコレートとコーヒーを比較?!結局は身体に良い影響を与えるのはどちら?

上記に示したように、コーヒーとチョコレート、それぞれに素晴らしい効果があることが分かりました。どちらにせよ、コーヒーとチョコレートの組み合わせは最高にすばらしく、どちらの良さも引き出してくれます。

さらに二つとも、リラックス効果など精神面でも私たちに良い効果をもたらしてくれます。精神的にきつい時、コーヒーやチョコレートでうまくストレスと付き合っていけるよう、サポート役として口にしていきたいですね。その時の気分や、状況によってチョコレートとコーヒーの組み合わせを楽しむことで、私たちの生活をより快適なものにしてくれるでしょう。

チョコレートには脂肪分が含まれていますので、夜寝る前にはコーヒーだけにして、より集中力を高めたい日中の作業中などでは、コーヒーとチョコレートを組み合わせるのがいいかもしれませんね。

コーヒーのことについてのご質問のある方はこちらをクリックしてご質問下さいね

世界各国のコーヒーの飲み方や楽しみ方に関連したブログ記事

「ハリウッド女優もお気に入りのグリーンコーヒーについて」

「アメリカ発祥のバターコーヒーはダイエット目的で全世界から注目を受けてる?!」

「カフェオレとカフェラテの決定的な違いと由来とは」

「ウィーンで親しまれている飲み方のウインナーコーヒーとは」

「アメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーの違いと意味とは」