ホンジュラス産のコーヒー豆について【熊本珈琲研究所わたる】

熊本コーヒー
Pocket

熊本珈琲研究所わたるのブログをご観覧の皆さん、こんにちわ!

熊本の珈琲研究所WATARUの所長のわたるです。

本日は、コーヒー生産地でも素晴らしい風味と味わいを私たちに届けて頂いているホンジュラス産のコーヒー豆について記述させて頂きたいと思います。

ホンジュラスのコーヒー豆の歴史や生産地や味わいについて

本日も皆さんに世界各国の生産地の素晴らしいコーヒー豆の世界を、お伝えさせて頂きたいと思います。皆さんは、ホンジュラスという国をご存じでしょうか?コーヒーを日頃から飲み慣れている方でもホンジュラス産のコーヒー豆について知っている方が少ないので本日は、その素晴らしいホンジュラス国のコーヒー豆事情について記述致しますね。

皆さんは、「ホンジュラスコーヒー」、あまり聞き覚えのない種類のコーヒーではないでしょうか。ホンジュラス産のコーヒー豆が海外に流通し始めたのは20世紀になってからですので、その歴史は浅く、日本ではあまりポピュラーではありませんでしたが、その味の特徴は日本人の口にも合うようで、アメリカに次いで、日本へは輸出量2位となっております。本日は、その素晴らしいホンジュラスコーヒーをぜひ皆さんにも知っていただきたくて、ホンジュラスコーヒーの生産地はどんなところか、コーヒー栽培にどんな風に適しているのか、そしてコーヒーの風味や味の特徴などをご紹介したいと思います。

ホンジュラスのコーヒー豆の歴史や生産地の情報とは

ホンジュラスコーヒー豆の生産地であるホンジュラスは、正式名称を「ホンジュラス共和国」と言います。中米に位置し、北はカリブ海、南は太平洋に面しており、南東がニカラグア、南西にエルサルバドル、西にはグァテマラがあり、およそ80%が山地という地形です。以前の当店ブログにもニカラグア産とグァテマラ産のコーヒー豆事情のことを記述させて頂きましたので、そちらも併せてお読み下さいね。

参照記事→「ニカラグア産コーヒー焙煎豆の歴史や生産地情報」

参照記事→「中南米を代表とするグァテマラコーヒーの歴史や栽培地の情報」

上記のブログにも記載しておりますが、この2つの生産地のコーヒー豆は現在のスペシャルティコーヒー業界での代表格の2つの国ともいえます。その素晴らしい国々に囲まれたホンジュラス共和国の国土は日本の三分の一程度の広さで、人口約750万人、主な産業はコーヒー栽培の他にはバナナ、エビの養殖などがあります。西部にある世界遺産のマヤ文明は観光地としても有名です。

ホンジュラス共和国の歴史は、16世紀にスペインの植民地となり、グアテマラ総督領に編入されました。1838年にホンジュラス共和国として独立しましましたが、今なお貧富の差が激しく、そのためサンペドロスーラなどは最も危険な都市として世界でも1位~2位を争うほどです。そんなホンジュラス共和国ですが、コーヒー栽培されている高地は都市圏ほど治安は悪くないようで、質の良いコーヒー豆が生産されています。主な生産地はサンタバルバラ、コマヤグア、グラシアス、チョルテカ、マルカラなどで、なかでもサンタバルバラは最大の生産地で、全体の約6割を占めています。

ただし、栽培を始めた頃は、交通機関がまだ発達していなかったため輸出量は少なく、世界に流通しなかったこともあって、ホンジュラスコーヒーはあまり知られていないブランドとなっていました。しかし近年、交通機関の発達に伴って、コーヒー豆の輸出も増えてきて、そのブランド名は世界に知られるところとなりました。ホンジュラスコーヒー豆は、今では年間約6万トン生産され、その約6割が輸出されています。

ホンジュラスのコーヒー豆の味の特徴や種類などについて

ではホンジュラスコーヒーの味や香りの特徴はどのような特徴や種類があるかをご説明します。まずは、ホンジュラスコーヒー豆の種類や格付けに関してです。グァテマラなどのコーヒー豆と同じように、栽培される標高により等級付けされております。

標高1,200m以上は「ストリクトリー・ハイ・グラウン(SHG)」

標高900~1,200mは「ハイ・グラウン(HG)」

標高600~900mは「セントラル・スタンダード」

となっていて、標高が高いほど良いコーヒー豆と格付けされております。ホンジュラスコーヒーは後ろに等級をつけて、「ホンジュラスSHG」という風に呼ばれております。ホンジュラスコーヒーの特徴ですが、フルーティーな酸味と香りや風味があり、後味がスッキリとしたマイルドなコーヒーになります。焙煎度合いを深めていくと苦味にコクと甘さを感じ飲み応えのあるコーヒーになります。そして、比較的に酸味と苦味のバランスが良いため、現代の日本人の方々のコーヒーシーンに相性が良いといわれております。

まとめ

今回ご紹介したホンジュラスは日本ではメジャーでないようで、実は日本でも輸入量もあり一部のコーヒー好きには知られている素晴らしいコーヒー豆であります。このホンジュラスコーヒー豆は、アメリカに次いで世界2位の輸入国である日本、意外と飲まれているし私たちコーヒーのプロも唸るような美味しさを提供してくれております。当店でも、スポット的に扱ったりもしておりますので、気になる方は是非当店スタッフにお声掛け下さいね。

ホンジュラスコーヒー豆のことについてのご質問のある方はこちらをクリックしてご質問下さいね 

世界各国の生産地のコーヒー豆の情報関連ブログ

「エチオピア産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「グァテマラ産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「ブラジル産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「コロンビア産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「インドネシア産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「ケニア産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」

「ジャマイカ産コーヒーの歴史や栽培状況や現地の情報」