アメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーの意味や違いとは?

アメリカンコーヒー
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

コーヒー焙煎研究所WATARUのコーヒー研究家のわたるです。

本日は、コーヒーの謎やコーヒーに関する質問にお答えしていきます。

先日、当店にご来店されたお客様で【アメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーの違いや意味を教えて下さい】・・とのことでしたので、本日は当店ブログを通してお答えさせて頂きますね。

アメリカンコーヒーのネーミングの意味や由来とは?

当店には、毎日のようにコーヒー好きな方からのメールやお問い合わせがあります。このブログを通して少しづつお答えしていきたいと思います。本日は、その中でも皆さんも耳にされたことがあると思われます【アメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーの違い】を詳しく解明していきたいと思います。

世間では「アメリカンコーヒー」はわりと耳にする言葉ですが、「アメリカーノコーヒー」は聞いたことありますか?コーヒーを好きな方ならもちろんご存知かと思いますが、ここ近年になってよく耳にするようになってきたと思います。そんなアメリカーノコーヒーとはどんなものかを、知らない方へご紹介すると同時にアメリカンコーヒーという名前のもつ意味について、誤解している方が多いと聞きますので本来の意味についても一緒にご紹介していきますね。

「アメリカンコーヒー」って皆さんどんなイメージをお持ちですか?

当店にお越しのお客様の大抵の方は「普通のコーヒーを薄めたコーヒー」というイメージを持っている方が多いみたいです。でも本当は異なっていて噂やイメージが独り歩きしているようなのです。

「アメリカンコーヒー」については2つの誤解があるように感じております。

まず1つめの説は、アメリカンコーヒーは「薄いコーヒー」というイメージから、普通のコーヒーをお湯で薄めたものを指している説です。

そして、2つ目の説の誤解は「アメリカンコーヒー」は和製英語であり、日本以外では通じないということです。アメリカンコーヒーと言いながらアメリカで通じないのは不思議な感じがしますよね。

アメリカンコーヒーの意味については、この他にもいくつかの説があるようです。

そのひとつに、もともとアメリカでは焙煎の機械が未発達だったころ、焙煎がじっくりできずに、その豆で淹れた、色の薄いコーヒーが多く飲まれており、それを見た日本人がまねをした際に、アメリカ人が多く飲むコーヒーということでこの名前ができたと言う説もあります。

コーヒー豆は同じ種類でも、焙煎のプロセスやアプローチ方法によって風味や味わいに大きく違いが出てきます。そして、その焙煎豆も淹れ方のプロセスやアプローチ方法によっても大きく風味や味わいにも違いが出てきます。

じっくりと焙煎したコーヒー豆は、焙煎度合いが深煎りになり苦みが強いコーヒーに仕上がります。そして、逆に早く煎り上げをしたコーヒー豆は浅煎りになり酸味が強い傾向のこーひーに仕上がります。

アメリカンコーヒーは浅煎りのコーヒー豆を使用するので、酸味を強く感じやすくなるのが特徴的な味わいになります。本来のアメリカンコーヒーはコーヒー豆を浅く焙煎して、そのような浅煎りで淹れたコーヒーのことを指しているのです。ですので、浅煎りのコーヒー豆を使用しているため色が薄くて、お湯で薄めていると今までは勘違いされていたようです。

アメリカーノコーヒーのネーミングの意味や由来とは?

一方、アメリカーノコーヒーはエスプレッソコーヒーにお湯を注いだコーヒーのことを指します。

もととなるエスプレッソコーヒーは深煎りのコーヒー豆を使っているので、苦みが強く、深い香りのコーヒーです。これにお湯を注ぐことで深い香りを楽しみながらも、後味がスッキリとしたコーヒーになります。こちらはお湯を注ぐので、薄くなるのと思われがちですが、もともとエスプレッソコーヒーは専用のエスプレッソを抽出するためだけのマシンのエスプレッソマシンで高い圧力をかけて抽出しておりますので、普通のコーヒーより濃度は高く、苦味と風味が凝縮さたコーヒーになります。

エスプレッソマシンから抽出されるコーヒーは、通常デミタスカップと呼ばれる30ccくらいの小さめのカップで飲まれております。しかし、アメリカーノコーヒーはこれをお湯で薄めて飲むので、うま味を味わった上に後味がスッキリとしていて風味も味わえるのです。

アメリカーノコーヒーという名前の意味は、これも諸説が様々にありますが、その中のひとつに第二次世界大戦中にイタリアに駐屯していたアメリカの兵隊さんがいつも飲んでいるのと違うコーヒーが

飲みたくなって、エスプレッソコーヒーをお湯で薄めて飲んだのがアメリカーノコーヒーの始まりという説があります。 こちらはアメリカや他の国でもある名前で、日本国内でも近所のコーヒー店やカフェでも当たり前に浸透しております。

画像1

まとめ

アメリカンコーヒーやアメリカーノコーヒーについてそれぞれのネーミングの由来や、味や香りの特徴についてご紹介しましたが、今回もとても素晴らしいドラマがありました。

コーヒーは苦味が強いのが好きな人、酸味が強い方が好きな人と、好みが分かれますが酸味を味わうのなら本格的なコーヒーが飲める喫茶店で本当の「アメリカンコーヒー」を飲まれてみては如何ですか?

そして、また深い香りとすっきりとした後味を楽しみたいのであれば、アメリカーノコーヒーはお勧めになります。最近ではエスプレッソマシンが家庭用としても販売されているので、ご自宅でも本格的なエスプレッソコーヒーが飲めるようになりました。食後にはエスプレッソ、休憩のひとときにはアメリカーノコーヒーなんていうのも贅沢なコーヒーの飲み方をしてみては如何でしょうか?

ちなみに、この2つのアメリカンコーヒーとアメリカーノコーヒーは当店でも提供しておりますので、自宅で淹れるのが面倒な方は、是非当店にお越し下さいね!! 

関連ブログ記事

「アレンジコーヒーのカフェラテとカフェオレの違いとは?」

「カフェインレスコーヒーとノンカフェインコーヒーの違いとは?」

「アレンジコーヒーのウインナーコーヒーの由来と意味とは?」

「オーガニックコーヒーの意味や定義とは?」