ベトナム料理×コーヒーのフードペアリング【熊本市南区珈琲専門店WATARU】

熊本ベトナム料理
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

熊本市南区珈琲専門店WATARUのわたるです。

先日、当店熊本の珈琲専門店WATARUのコーヒーラボスペースにて開催された、ベトナム料理とコーヒーのフードペアリングワークショップ体験会についてのことを記述させて頂きたいと思います。

美味しく学べる「ベトナム料理×コーヒー」のフードペアリングワークショップとは

当店熊本の珈琲専門店WATARUでは、コーヒーの魅力を再発見して頂くために、様々な角度からのアプローチを常に行っております。

その取り組みの中の1つで「コーヒー&ペアリング体験会」というのを定期的に開催しております。

このコーヒーとのペアリング体験会とは、コーヒーとの相性を様々な角度から計りながら化学反応を起こし1+1=2ではなく3にも4にも感じていくような素晴らしい取り組みのことです。

今まででもコーヒーとの様々なペアリング会は行ってきました。

当店熊本の珈琲専門店WATARUブログ過去記事にも掲載しておりますので、そちらも併せてお読み下さいね。

↓↓コーヒー&ペアリング会についての記事はこちら↓↓

「コーヒー&ビーズアクセサリー作り体験の癒しのペアリング会」

「コーヒー&ネイル体験の癒しのペアリング会」

「コーヒー&落語寄席の癒しのペアリング会」

「コーヒー&インスタグラム撮影会のアートペアリング会」

「コーヒー&さとう式リンパケアの癒しのペアリング会」

「コーヒー&ハチミツのフードペアリング会」

「コーヒー&絵本&ホットケーキの5感で味わうペアリング会」

「コーヒー&キューバサンドのフードペアリング会」

「コーヒー&カレーのフードペアリング会」

「コーヒー&タイ料理のフードペアリング会」

上記のようなコーヒーとの相性を考えて、様々なアプローチでコーヒーを楽しむための会を定期的に開催しております。

そして、今回はそのコーヒーとのペアリングをベトナム料理をテーマに開催致しました。

ベトナム料理

コーヒー×ベトナム料理コースのフードペアリング会

今回は、3月にオープン予定の「アポロ.」さんをお呼びしてのコーヒーとベトナム料理のペアリング会でした。

この3月開業予定の「アポロ.」さんは、ベトナム料理が好きでお店でも提供をされるそうなので、そのときの料理を試食会も兼ねてコーヒーとのペアリング会を開催させて頂きました。

まずベトナム料理とは、基本的には一概に言えない部分がありますが、大幅にいうと中華料理みたいに脂っこくはなく、エスニック料理のように辛くはなく、全体的にはマイルドな味付けのある料理が多々あるようです。
ベトナム料理の歴史は、中国とフランスの食文化の影響が色濃い部分があって発展してきているようなのです。
そして、代表的なベトナム料理は、「フォー」や「生春巻き」や「バインミー」などが有名であります。
ベトナム料理が日本人女性に根強い人気があると言われている理由は、たっぷりとヘルシーな野菜をふんだんに使用して作る料理が多く、日本人が主食としているお米や汁物や箸やお茶碗などを使用する部分も近いのであるのも要因であるそうです。
そして、今回のコーヒーフードペアリング会では、ベトナム料理をコースで4品提供して頂きました。

1、フォーガー(鶏肉)
2、フォーボー(牛肉)
3、生春巻き
4、バナナとタピオカのチェー

上記の4品を順々に提供していく豪華な流れとなりました。

そして、最後のバナナとタピオカのチェーのデザートの際にコーヒーとのフードぺリングを行いました。

まず、コーヒーの風味特性のプロファイルのお話しをさせて頂き、このベトナム料理から感じる風味を掛け合わせてみました。

最初は、まず2種類のコーヒーを提供しました。

1種類目は、ベトナムのアラビカ種のコーヒーです。

そして、2種類目のコーヒーはベトナムのカネフォラ種のコーヒーです。

共に原産国は同じですが、コーヒーの品種が違いますので風味や味わいは別物になります。

アラビカ種のコーヒーの方は、上質で香りもありチョコフレーバーやスパイスフレーバーを感じました。

そして、カネフォラ種のコーヒーの方は、独特な風味と強い苦味がありました。

この2つは、もともとベトナムでの栽培されたコーヒーなので食材の持つ風味や味わいも何処か繋がり相性も良いのでありました。

ですので、意見は2つに分かれて共に相性が良い!!・・という結論でした。

ただ、コーヒーとのペアリング会はここからであり、実は風味をコーヒーも食材も近いものであったり、その風味同士が相性が合えばコーヒーとフードの相性も抜群になるのであります。

そこで、当店熊本の珈琲専門店WATARUがこのベトナム料理での相性を判断して提供した風味のあるコーヒーはケニア産コーヒーでした。

この当店熊本の珈琲専門店WATARUのケニア産コーヒーは、中深煎りで苦味が全面的にあるけど爽やかな酸味と甘みが後から感じてきます。

そして、この特徴的なフレーバーは「オレンジ」「シトラス」「チョコ」であります。

このベトナム料理の独特な香草や香辛料などを、コーヒーの苦味がテイストでありつつ風味では清涼感のあるオレンジやシトラスのような爽やかさがあると最後のしめと口の中での料理が良い形で終結出来ると感じ提供致しました。

やっぱり狙い通りの、大絶賛して頂きコーヒーに感動をして頂いておりました。

このクライマックスで、コーヒー×ベトナム料理のコーヒーフードペアリング会は盛況の状態で終了致しました。

まとめ

今回も、ベトナム料理好きな方とコーヒーが化学反応が起き、ベトナム料理の更なる魅力の再発見とコーヒーの新たなる可能性を発見出来たことで参加者の皆様は感動されておられました。

これからも、このようなコーヒーを通じて有意義なペアリング会を開催していく予定ですので、ご興味のある方は是非ご参加下さいね。

コーヒーペアリング会のことについてご質問のある方はこちらをクリックして下さいね