キューバサンド×コーヒーのフードぺアリング会【熊本の珈琲焙煎研究所わたる】

熊本コーヒーペアリング会
Pocket

皆さん、こんにちわ^^

熊本珈琲焙煎研究所WATARUのわたるです。

先日の、コーヒー×キューバサンドのフードぺアリング体験会のことについて記述させて頂きたいと思います。

美味しく楽しめる「キューバサンド×コーヒー」フードぺリング体験会とは

当店熊本の珈琲焙煎研究所WATARUでは、定期的にコーヒーとフードやスイーツなどのペアリング会を開催しております。

他にも、落語やネイルなどの癒しをテーマにしたものともコーヒーをイメージしたペアリング会も開催したりしております。

すべては、コーヒーの可能性を試してみたいのです。

今回は、キューバサンドというキューバ国で愛されているホットサンドのようなフードとのコーヒーペアリング会でした。

当店熊本の珈琲焙煎研究所WATARUブログ記事にも、過去に行ったコーヒー&ペアリングについては記述しておりますので、そちらも併せてお読み下さいね。

↓↓コーヒー&ペアリングの関連ブログ記事はこちら↓↓

「コーヒー×ネイルの癒しのアートペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×絵本×ホットケーキの5感で味わうペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×落語の笑いのアートペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×さとう式リンパケアの癒しのペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×インスタグラム会のアートペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×ハチミツのフードペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×カレーのフードペアリングワークショップ体験について」

「コーヒー×タイ料理のフードペアリングワークショップ体験について」

上記のブログにも記載しておりますが、私たち熊本の珈琲焙煎研究所WATARUは常にコーヒーの魅力の発見を行いコーヒーの楽しみや美味しさなどを多角的にお伝えしております。

コーヒーの嗜好品などは特に情報だけが先行して、味わいや風味が伴わないことが多々ありますので、まずは実感してみてコーヒーの素晴らしさや魅力の扉を開いてみて下さい!!・・とお伝えしております。

そのためには、ただ単にコーヒーだけを味わってもらうだけでは魅力は理解しづらいので、様々なフィルターを通してコーヒーの魅力に気づいて下さいね!!・・と申しております。

今回の熊本の珈琲焙煎研究所WATARUペアリング会は、キューバサンドとの相性を味わいや風味の観点で照らし合わせながら参加者の皆様には体験して頂きました。

キューバサンド

キューバサンドとは一体どういうフードなのか

まずは、このフードペアリング会の内容をお伝えする前に、今回のテーマの「キューバサンド」とはどういうフードなのか?・・をご説明させて頂きたいと思います。

キューバサンドとは、もともと「キューバサンドイッチ」の略称のフードのことを指しております。

この「キューバサンドイッチ」とは、Cuban sandwich(キューバンサンドイッチ)とも呼ばれており、主にキューバ人に愛されていたフードになります。

材料は、大きくいうとハムやチーズなどを挟んでいるサンドイッチの一種でもあります。

これらは、作る人によってレシピや材料は変わりますが、このキューバサンドを今回は「ポポラスカフェ」さんが作って頂きました。

コーヒー×キューバサンドのフードペアリング会の流れ

今回、ご協力頂いた「ポポラスカフェ」さんは、もともと西原村にあったオシャレなカフェでした。

ただ、2年前くらいの熊本地震の影響により店舗継続が出来る状態でなくなってしまったために去年の夏くらいに移転をされました。

熊本の大津町に移転されてから、サンドイッチをメインにカフェ営業を再開されておられました。

そして、熊本地震後から久しぶりに当店に先日お越しなさった際にお互いに近況報告を致しました。

当店もポポラスカフェさんも、状況や環境も同じ境遇にあり話しが盛り上がりました。

そのような接点からも、当店の珈琲とポポラスカフェさんのサンドイッチのコラボでのフードペアリング会を開催することが出来ました。

予想通り、コーヒー×キューバサンドのフードペアリング会は大盛況でありました。

珈琲の風味や味わいとキューバサンドの持つ食材の風味と味わいを確認し合って、2種類のコーヒーを選択しました。

1つはポポラスカフェさんが選択したインドネシアのコーヒーと、1つは当店が選択したエチオピアのコーヒーでフードペアリングを致しました。

キューバサンドのお肉などの風味にはインドネシアコーヒーの特有の苦味がマッチしており、野菜などのヘルシーなベジタブル感のある風味にはエチオピアコーヒーの特有の風味がマッチしておりました。

食中でも食後でも楽しめる珈琲の風味の複雑味を改めて知ることが出来て、コーヒーの魅力の再発見が出来ました。

参加者の皆様には、珈琲の風味の謎や秘密なお話しも満載にさせて頂きお腹も気持ちも満たされて良かった!!・・と仰って頂きました。

まとめ

珈琲の風味特性などは、年々と多様性を増してきており「フルーツ」「ベジタブル」「穀物」「食物」などが明確に感じる風味になってきております。

そのことからも、益々このようなフードとの相性を楽しみながらコーヒーを味わうことが出来る楽しみの多様性も増してきております。

是非、皆様もコーヒーの多様性をフードペアリングなどで楽しんでみて下さいね。

今回も、フードペアリング会にご参加頂いた皆様ありがとうございました!!!

コーヒーペアリング会のことについてご質問のある方はこちらをクリックして下さいね