当店のBeanToCup

私たちが考えるコーヒーとは多角的で、「フルーツ」の一面もあり「科学」としての一面でもあるものとしております。
もちろん、コーヒーは正面から眺めると嗜好品・飲料の部分が大半です。
そんな多角的から見つめるコーヒーを、私たちは種からカップまでを一連して研究して皆様に最高な状態で飲んで頂きたい一心で、この「コーヒー焙煎研究所 わたる」を設立しました。
科学な一面でもあるコーヒーの方程式の謎を皆様に少しでも理解して頂き、ご家庭での環境でも最高に美味しい一杯を飲んで頂きたく、日々コーヒー研究に取り組んでおります。
そんな当店のコーヒー【Bean to cup】の流れをご紹介いたします。

BeanToCupの流れ

完熟したコーヒー豆のみを使用しております

当店では、世界各国のコーヒー農家との直接取引をはじめ、すべてトレーサビリティ(生産履歴)が明確であり、安心かつ高品質な生豆のみを収穫して取り扱っております。完熟したコーヒーの実から精製されたコーヒー豆(種子)は、糖度が高いフルーツのような甘さがあり心地良い味わいです。

豆の個性を最大限に引き出す,独自の焙煎技術

同じ産地のコーヒー豆でも、品種や精製方法などの違いによってそれぞれに違った個性を持っています。私たちは、取り扱うすべてのコーヒー豆に対してその特性を最大限に生かすための独自の焙煎プロファイルを日々研究しています。適正に焙煎されたコーヒー豆は、透明感があり後口の甘さの余韻が長く続く印象を与えてくれます

コーヒーは、淹れ方次第で変わります

世界には多種多様なコーヒー抽出器具があり、そのそれぞれに特性があります。私たちは単にコーヒー豆を販売するだけではなく、ご家庭や職場でも美味しいコーヒーを楽しんで頂けるように、それぞれの香りと味の好みやライフスタイルに適した抽出器具や淹れ方のアドバイスやワークショップも随時開催しています。個性あるコーヒー豆に適した抽出をすると、風味特性を香りや甘さなどから感じることが出来て、至福の1杯に繋がります。